セサミ4をGarminのスマートウォッチ(Venu Sq)で解錠する

スマートロック「セサミ」はキーレス生活を実現してくれる非常に便利なガジェットです。一方でスマホ1台で外出した際、スマホのバッテリーが切れると外に締め出されてしまい、なす術がありません。路上生活突入です。そこで、Garminのスマートウォッチでセサミを解錠できるようにしました

前書き

  • 対象読者は、garminのスマートウォッチで「SESAME4(SESAME3を含む)を解錠したい人
  • SESAME4は、2022年4月現在においてIFTTTに非対応。Google検索で「Garmin Sesame 連携」で検索すると、旧バージョンのSesame機種(=Sesame mini以前)におけるIFTTT設定記事ばかり出てくるので、参考にならない。
  • また同様に、Garminのスマートウォッチにアプリやウィジェットを追加するためのアプリ「Connect IQ」から既にIFTTTが削除されているため(2022年4月現在)、garmin+Webhook系のブログ記事も参考にならない
  • 念のため、歴代Sesameの違いは次の通り。
製品搭載OS対応WifiモジュールIFTTTWebAPI
Sesame4 (4代目)OS22代目モジュールのみ非対応公開
Sesame3 (3代目)OS22代目モジュールのみ非対応公開
Sesame mini (2代目)OS1初代モジュールのみ対応公開
Sesame (初代)OS1初代モジュールのみ対応公開
2022年4月現在調べ

用意するもの

  • Google アカウント【必須
    • 既に持っていればそれを使えばOK
  • Sesame4【必須
  • Sesame 2代目 Wifiモジュール【必須
  • Garminスマートウォッチ 【必須
  • Wifi中継器(メッシュルータ)【推奨

Garmin – Sesame 連携手順

手順①Google Apps Script(GAS)に解錠プログラムをデプロイ

次のブログで提供されているサンプルコードをコピーし、Google Apps Script(GAS)でWebアプリをデプロイする。

参考ブログ
「道ばたのノート」様 (超有用なコードありがとうございます!)

手順②Garminのスマートウォッチに「API Call」を追加

Connect IQをスマートフォンにインストールし、「API Call」のウィジェットを追加する。

Connect IQ画面

手順③「API Call」にデプロイURLとJSONデータを登録

次のコード1行をAPI Callのウィジェットに登録する。xxxxxxxxxxx の部分は手順①で設定したものを登録する。

1行(改行無し)

{deviceName:"Sesame", actionName:"Unlock", method:"POST", POSTcontent:"{\"myKey\":\"xxxxxxx\",\"deviceName\":\"xxxxxxxx\",\"command\":\"2\",\"user\":\"API Call\"}" ,url:"https://script.google.com/macros/s/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx/exec"}
API Call画面

myKey:prepareで準備した任意のパスキー。一致しないとはじかれる。
deviceName:セサミの名前。

使用機種

セサミ4 + Wifiモジュール

Venu Sq(Garminスマートウォッチ)

ガーミン(GARMIN)
¥32,225 (2024/04/23 22:26:39時点 Amazon調べ-詳細)

WRM-D2133HP(中継器)

バッファロー
¥29,800 (2024/04/23 22:26:39時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)