【DIY】JDS900 昇降式吊戸棚(ダウンキャビネット)を賃貸物件に設置

JDS900の昇降式吊戸棚(ダウンキャビネット)を設置しました。背の低い家族でも高い位置にあるキャビネットを使いやすくなりました。

製造元(オークス)は住宅専門業者による取り付けを想定しているようですが、個人でも十分簡単に設置できたので参考用に取付メモを残します。

製品情報はこちら(JDS900)

完成図

設置完成形

使用したもの

JDS900本体

Amazonや楽天で普通に買えます。価格変動があったりしますが、概ね23,000円以下であれば買ってOKだと思います。それ以上であればもっと安くなるまで待つか、別のショップで買いましょう。

↓価格は随時チェックしてください、

オークス
¥24,900 (2024/04/23 19:28:46時点 Amazon調べ-詳細)

電動ドライバー(推奨)

手でねじを締めてもいいですがかなり骨が折れるので、電動ドライバーはやはりあったほうがいいです。一家に一台あると生活の幅が格段に広がります。

リョービ(Ryobi)
¥4,864 (2024/04/23 19:28:47時点 Amazon調べ-詳細)

ドリルパーツ(任意)

側板や底板が万が一割れたら嫌だったので、先に穴をあけるためのドリルパーツも使いました。途中から下穴無しで作業しましたが結局割れなかったので必要なかったかも。心配なら買っておく。

ボッシュ(BOSCH)
¥2,253 (2024/04/23 19:28:47時点 Amazon調べ-詳細)

レーザー距離計(任意)

レーザーポインタで照射したものまでの距離を正確に測量してくれる距離計です。後述の「事前確認」で棚板の寸法を計測する際に役に立ちます。これもあると便利ですが、無くてもいい。

マキタ レーザー距離計 LD030P
マキタ(Makita)

事前確認

吊戸棚の幅・高さ・奥行きが設置要件に適合していることを確認します。横幅は蝶番を含めず、純粋に側板から側板までの距離を測ります

860mm~870mm(=86㎝~87㎝)
高さ560㎜以上(=56㎝以上)
奥行310mm以上(=31cm以上)

我が家の吊戸棚は幅が860~870㎜のあいだなので、設置要件に適合しました。事前によくサイズを確認しておきましょう。

取付手順(所要時間15~20分程度)

①固定金具を吊戸棚に設置(10分程度)

固定金具を吊戸棚の左右の側板に固定金具取付ねじで固定してください。(片側5本)
側板木口から72mmの位置に合わせ、中央の長穴で仮止めし、再度寸法を確認のうえ、ねじを締めてください。最後にすべての固定金具取付けねじをしっかりと締め、固定してください

②収納ラックを吊戸棚に挿入(2分程度)

収納ラック全体を吊戸棚の中へスライドさせて入れてください。※作業は二人で行ってください。

③収納ラックを固定金具で固定(2分程度)

収納ラックを少し前に引き出します。昇降ユニットの全部を持ち上げ、引っ掛けツメを固定金具の穴に差し込みます。

④収納ラックを連結ねじで固定(3分程度)

引っ掛けツメが確実に固定金具にかかったことを確認し、吊戸棚の中心に収納ラックがくるように左右の空間を調整して連結ねじで左右とも固定してください。

オークス
¥24,900 (2024/04/23 19:28:46時点 Amazon調べ-詳細)

カテゴリーDIY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)